相模原市の風呂リフォームで後悔しない方法と安心して格安リフォーム会社を見つけるコツ

相模原市で風呂のリフォームを検討しているあなた。

 

相場知っと娘

相場知っと娘

 

  • 見積もり貰ったけど、相場より高い費用じゃないの?
  • 依頼するリフォーム業者って信用して良いの?
  • 工事が終わってから追加費用って発生しないのか心配
  • 風呂のリフォーム中は入浴できないけど、予定通りの工期で終わるの?

 

このような心配ありませんか?

 

風呂のリフォームを計画している方は、なぜこのような悩みがあるのでしょうか?

 

このサイトでは、不安が的中してしまう原因と、風呂リフォームで後悔しないための相模原市で格安な優良業者選びのコツについて紹介します!

 

 

 

風呂のリフォーム、見積もりが適切かどうかわからなのはなぜ?

相模原市でお風呂をリフォームしようと思ったら、ほとんどの方が業者に対して相見積もりをするでしょう。しかし受け取った見積もり書を見ても、それが適切かどうかについてイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

風呂リフォームの相場

 

大半の方が「リフォームの素人」なので、適切かどうかの判断がつきにくいのが実情です。そこで、その原因はどんなところにあるのかについて見ていきます。

 

相模原市エリアでも相見積もりの条件の内容や製品価格などが会社によって異なる

通常、複数の業者に相見積もりする場合、そのお風呂場に合ったサイズのお風呂を見積書に記載するので、どの会社もサイズ自体は同じなはずです。

 

しかし、見積書によっては標準的な仕様とされているものでも、記載されているメーカーによってグレードや機能が異なったりします。ですから全く同一条件でない場合もあり、見積書が適切かどうかの判断が難しくなる場合があります。

 

これは業者ごとに取引関係の深いメーカーが異なるために仕入れる際の割引率も当然に異なってくるからです。

 

例えば、同じ50万円という価格のついたユニットバスでも、業社Aのほうが、業社Bよりも少しグレードが高くて高機能なものを見積もりに入れていたり、反対に同じメーカーで同一グレードの製品なのに業者Bの提示する割引後の本体価格のほうが業者Aより安いということがあったりします。

 

見積書の風呂リフォーム内容の記載方法が異なる

同じ相模原市エリアでも相見積もりする会社によって渡される見積書の各項目の記載方法が異なっていると、正確な比較が難しくて適切かどうかが判らなくなる場合があります。

 

例えば、工事費がお風呂とドアの取り付けといった工事箇所ごとに詳細に記載されている場合と各施工箇所の工事費を一括して一本でまとめて記載されている場合ではどちらが本当に安いのかの比較が難しくなります。

 

特にあるオプションを付けたり、止めたりすることを検討したい場合、前者の記載方法ならどれくらい安くなるのかが一目瞭然ですが、後者ではあいまいになってしまいます。

 

 

風呂リフォームは追加工事が発生する可能性

工事の内容によってはあらかじめ見積書に提示できないものがあり、そのことで見積書が適切かどうかの判断を難しくしている場合があります。

 

その例として挙げられるのが、追加工事が必要になった場合です。

 

お風呂のリフォームで追加工事が発生する例として多いのが、在来工法のお風呂を在来工法でリフォームしたり、ユニットバスに変更する場合です。

 

在来工法のお風呂の場合、床や壁に利用されているタイルが破損していたり、劣化によってその箇所から水が漏れていると土台部分にまで浸透してしまいます。長い間浸透したことで、土台部分の補修が必要な場合が出てきます。

 

追加工事の必要性の有無ばかりは、施工工事を始めてみないとわからないので、最初から見積書に反映することができません。

 

 

さらにユニットバスからユニットバスへ交換する場合も追加工事が発生することがあります。

 

それは床下のガス管を移動させる必要性が出た場合です。これと同様にお風呂場の脱衣所などにある洗濯機パンを交換する場合もサイズ変更やメーカーの設定サイズなどによっては、排水管を移動させる必要が出てきますので、別途追加工事が発生することがあり、当初の見積書どおりとはならなくなります。

 

 

風呂のリフォームの費用が当初の見積もりよりオーバーするのはなぜ?

お風呂のリフォームを地元のリフォーム業者に依頼して工事が完了したら、当初の見積もりよりも高い金額を請求されるということはよくあります。

 

費用の高い風呂のリフォーム

 

その理由は大きく施主側の理由によるものと施工業者側の理由によるものに分けられます。そこでその理由について詳しく見ていきましょう。

 

 

仕様変更やグレードアップ、追加工事の依頼(施主側の理由によるもの)

実はお風呂のリフォームに限らず、当初の見積もりをオーバーする原因として一番多いのが施主側に起因するものなのです。見積もりでは価格をできるだけ抑えて提示できるようにするために、業者は標準的なグレードの製品やサイズをベースに作成されている場合が多くあります。

 

ですから、業者から渡された製品カタログに掲載されている様々な仕様の製品を見入ったり、業者との打ち合わせをしている段階で、見積もりで提示された製品の仕様やグレードでは満足できなくなったりします。

 

このような場合、デザインも洗練され、ミストなどのオプションが付いた機能性の高い上級グレードに目移りしたり、業者からもうワンサイズ大きなバスが設置できると聞くと、どうせリフォームするのだからということで提案に従ったり、仕様変更を依頼したりすることがよくあります。
そのようなグレードアップやサイズなどの変更に伴い、製品や部材の本体価格だけでなく、場合によっては追加の付帯工事が必要になって知らず知らずのうちに工事費用は増加していきます。

 

追加工事発生(施工業者側の理由によるもの)

風呂の見積もりオーバーとなる原因が施主側に次いで多いのが、施工業者がおこなう追加工事によるものです。

 

この追加工事を要するケースとしては、相模原市の一軒家でも多い古い在来工法タイプのお風呂を解体した場合に見られるお風呂の土台部分が腐食していることです。

 

この原因としては床や壁に使われているタイルがひび割れを起こしてそこから水が浸透してしまうことが考えられます。このようなタイルのひび割れが見つかれば、当然放置しておくわけにはいかず、補修する必要が生まれ、余計なコストがかかります。

 

また、浴室の柱や洗面所の床が腐食しているケースもよく見られます。特にひどい場合ですと、そこにシロアリが大量発生していることもあります。これについてもシロアリを駆除した上で、補修する必要が出てきます。

 

追加工事以外にもリフォームで交換予定のなかった器具の交換も追加費用となります。例えば、当初は再利用するはずだった給湯器が実は交換したほうがいい状態になっていたような場合があります。安全にもかかわる器具ですので、交換が必要となれば当然に追加費用となってしまいます。

 

このような追加の補修工事や器具の交換などは実際に工事を始めてみないとわからないことがほとんどですので、当然当初の見積もり金額には反映されていません。

 

どんなに適切な見積もりでも、リフォーム前の浴室の状態次第で追加費用が大きくかかってくる場合も十分に考えられるのです。

 

 

 

風呂リフォームのプランの相場が適切かどうかわからないのはなぜ?

風呂のリフォームを依頼すると、相模原市にあるリフォーム業者に限らず業者からは具体的なリフォームプランの記載のあるプランシートが見積書とともに提示されます。

 

風呂のリフォーム代を請求する業者

 

しかし、大半の方がリフォームについては素人なので、そのプランが果たして本当に適切なプランなのかを判断するのは難しいと言えます。そこでその原因はどんなところにあるのかについて探っていきます。

 

 

リフォームに対する希望や条件が決まらない

リフォームプランを提示されても、自分が果たしてどのようなお風呂がいいのか、どのような機能があれば満足できるのかといった希望や条件が分かっていないとプランが適切かを判断するのは難しいでしょう。

 

自分が絶対譲れない条件と金額によっては導入を検討してもいいオプションなど、最低限の条件と最大限の条件をある程度まで決められないと業者の言いなりになる可能性があります。

 

将来のライフプランや使いたいイメージが定まらない

上記の理由と少し似ていますが、将来どのような暮らしにしたいのか、その時にどのようなお風呂の利用方法が考えられるのかといった将来的な生活のイメージが定まらないとプラン内容の良し悪しも検討できません。例えば、将来足腰が弱くなるからとコストのかかるバリアフリー仕様のお風呂にしても、数年でリフォームした家を手放してしまえばすぐに無駄な仕様になってしまいます。

 

必要な機能や製品への知識不足

最新型のユニットバスには様々な便利な機能が付いていたり、オプションも多数選べるようになっています。

 

そのような便利な機能やオプションについての知識はメーカーのカタログを取り寄せて調べてみたり、ショールームで実体験することで知識が得られます。

 

しかし、そのような知識を得ることを怠り、自分が必要な性能や機能について検討する機会がないと、リフォーム業者の提示するプランが果たして本当に自分が欲するものなのかの判別がつかなくなるでしょう。本当は必要だった機能や設備を省いてしまい、「こんな設備なら欲しかった」と後悔したり、また、必要のないものを業者に言われるままに付けてしまい、大幅に金額が上昇することもあります。

 

いずれにしても業者の提示するプランが適切かどうかを判断できるだけの製品や機能に対する欠如が招く結果となります。

 

こちらの要望を真剣に聞いてくれない相模原市の風呂リフォーム業者

上記とは反対にリフォーム後の風呂に明確な希望や条件などがあって、業者にあらかじめ伝えているにも関わらず、聞く耳もたずで、ただ業者側が一方的にプランを強く勧めてくる場合があります。

 

特に価格面では勉強するからと魅力的な見積もり金額を提示されると、施主側も価格だけで決めてしまい、プラン内容が適切かどうかについてはそっちのけとなる場合もあります。

 

 

風呂のリフォーム、工期が当初予定よりも延滞したのはなぜ?

風呂のリフォームを相模原市で業者にお願いした場合、契約前に予め言われていた予定工期よりも遅れる場合があります。なぜそのような延滞が起こるのか、その主な原因についてご紹介していきます。

 

風呂のリフォームを施工している業者

 

繁忙期での相模原市のリフォーム業者の職人不足

住宅着工件数やリフォームの依頼件数は景気の波や金利動向に大きな影響を受けます。

 

景気がよくなれば収入が上がり、家を建てたいという人が増えます。また、金利が下がれば住宅ローンも組みやすくなりますので、家を建ててみようかと考える人が増えてもおかしくはないでしょう。同じように景気動向によっては、思い切って増えたボーナスなどでかねてからリフォームしたかった場所をきれいにするという方も出てきます。

 

そのような住宅の建設ラッシュやリフォームの依頼が増加する繁忙期には当然、家を造る職人も各ハウジングメーカーや工務店、リフォーム業者などの間で取り合いになります。従ってそのような繁忙期に依頼すれば、職人を確保できなくなった業者は当初の工期よりも遅れる可能性が出てきます。

 

途中でプラン内容を変更

リフォームはいろいろな箇所に変更を加えるために一度決めたことでも、後から仕様や使う部材を変更したくなる場合がよくあります。

 

また、リフォームがかなり進捗してくると追加で依頼したいことが出てくる場合もあります。風呂のリフォームで変更や追加をお願いした場合、そのお願いした分だけの工期が延長されると考えられがちですが、実際は必ずしもそうとは限りません。

 

場合によっては工程を最初から組み直したり、一部の作業をもう一度やり直す必要性がでてくる場合があります。従って、ちょっとした変更や追加でもリフォームの工期を延滞させる要因になる場合がありますので、注意が必要です。

 

季節によって異なる土間コンの養生期間

お風呂のリフォームでは、マンションなどでユニットバスからユニットバスへとリフォームする場合には大した期間はかかりません。しかし、タイル張りの在来浴室をユニットバスへリフォームする場合には基礎工事が必要となります。

 

基礎工事では土間にコンクリートを打設しておこなうために、気温の異なる夏と冬、さらに湿度の高い時期と低い時期ではコンクリートの乾き方が異なってきます。コンクリートの強度を出すためにもコンクリート打設後は適切な養生期間が必要になりますが、このような季節による気温や湿度の違いがありますので、工期も異なってきます。

 

この養生に必要な期間は業者によっても異なります。見積もりの際に短い工期を提示した業者が必ずしも良い業者とは限りませんので、注意が必要です。

 

 

相模原市で風呂のリフォームで信頼できる業者が見つからないのはなぜ?

お風呂のリフォームをしようと業者を探しても信頼できる業者を見つけるのは中々難しいものです。

 

信頼できる風呂のリフォーム業者

 

ではなぜ、相模原市で信頼できる業者が見つからないのか、その原因を探っていきます。

 

地元でのリフォームに関する情報不足や最低限の知識不足

信頼できるリフォーム業者を探す前にリフォームそのものに対する情報や知識が全くなければそもそもいい業者を判断することさえ難しくなります。

 

これはお風呂に限らず、リフォーム全般について言えることです。お風呂の種類から必要な工事内容、さらに相見積もりした場合の見積書の見方や業者の選び方まで必要とされる情報や知識はたくさんあります。

 

これらの情報や知識はリフォーム業者主催のセミナーや書籍から入手できます。

 

さらにインターネット上にも情報サイトが無数にありますので、無料で簡単に必要な情報を手に入れることができます。業者選びの前提となる必要な情報や知識が手に入る環境にあるにも関わらず、何もしなければ風呂リフォームの業者選びはとても困難になってしまうでしょう。

 

風呂リフォームの相見積もりをしない

信頼できる風呂リフォーム業者選びで大切なことは、様々な業者を比較することです。

 

そのためには相見積もりをして、各業者が提示してくる見積もり工事の内容や見積り金額を比較しなければ良い業者を選ぶことはできないでしょう。

 

この相見積もりをしないで最初から一つの業者に決めてしまうとたまたまその業者が良ければいいのですが、下手な業者と契約してしまうリスクが非常に高くなると言えるでしょう。

 

相模原市で風呂のリフォームする時、価格だけで業者を選んでしまう

悪質な業者は巧妙に見積書を作成して、価格面でとても安く見せようとします。

 

そして必要な工事でも契約した後で別料金として請求し、結果的に費用が高くなったりします。

 

また、それとは反対に手抜き工事をして養生が不十分でカビが発生しやすいお風呂場にリフォームしたり、最悪の場合は後から補修工事が必要になることさえあります。

 

そこまで悪質でなくても、契約させようとして非常に魅力的な見積もりを提示する業者がいます。もし業者選びを価格だけでしてしまうと信頼できる業者を見つけることは非常に難しくなるでしょう。

 

施工の速さだけで選んでしまう

いくつかある相模原市のお風呂のリフォーム業者の中には施工の速さを売りにしている業者もあります。

 

もちろん無駄に遅いよりは速いほうがいいですし、ただでさえリフォーム中はお風呂が使えなくなる不便さを味わうので、速く終わるのはありがたいと誰もが感じるところです。

 

しかし、中には十分な養生期間が必要であるにも関わらず、手抜きをして時間をかけずに仕上げてしまい、後でトラブルになる場合があります。

 

特に水回りとなるお風呂場は水漏れがカビやシロアリなどの発生につながる場合もありますし、大量にカビが発生すれば健康上も良くありません。

 

 

相模原市で風呂のリフォーム業者を見つける簡単な方法

風呂のリフォームで見積もりを貰う方法としてネットを使った一括見積サービスがあります。

 

簡単に複数の業者から見積もりを入手でき合い見積もりが出来るメリットはありますが、このサービスにはデメリットもあります。

 

 

これまでのネット一括見積のデメリット

  • 見積もり依頼した業者から営業の電話がかかってくる。
  • 業者の施工技量にばらつきがある。
  • 一番安い業者を選んでも施工後に追加費用が発生することも。
  • 入手したリフォーム費用の内訳が解りにくい。
  •  

    このような心配を解決してくれるのが、今多くの方が利用している「リノコ」というサービスです。

     

    風呂リフォームのリノコ

     

    リノコはこれまでの風呂リフォーム見積もりサービスと違い、、

    • リノコで依頼した見積もり費用は定額表示
    • やり取りはリノコと!あなたと業者の仲介役となり、直接業者から営業の電話が来ない
    • 施工後の追加費用が発生しない!諸費用もすべてコミコミの見積もり
    • 相模原市で口コミで評判の良いリフォーム業者のみ紹介
    • リフォーム後は1年保証が付いてくる
    • 中間マージンをカットしているので無駄な費用を払う必要なし
    • リノコのサイト内で欲しい機器の費用がすぐにわかる
    • リノコ登録業者は、相模原市で厳選された優良企業のみ

     

    リフォームの専門アドバイザーも在籍してますので、リフォームで不安に思っていることも無料で相談に乗ってくれます!

     

    まだ、契約する前に業者に相談すのは気が引ける、その後の営業活動が不安という方にとっても、便利なサービスです。

     

    リノコのサイトでは、リフォーム実績の紹介や相場も10秒でわかる便利な無料診断も出来るので活用してください。

     

    リノコの風呂リフォーム見積もり診断

     

     

    リノコのサイト紹介